空気は読めるからこそ、察知能力は高い。

エンパスは、他人の本音をなんとなく汲み取るからこそ、その場の独特の空気が読めてしまいます。そして、今、自分がやるべきことを、率先してやります。でもそれは、ある種、自分を守る為の防衛行為だと思うんですね。リラックスできる関係であれば、この防衛行為もすることなく、素の自分でいられることも多いはず。防衛行為の後は、疲れがどっとやってくる・・。そして、とにかく押しに弱い。特に恋愛では”押しの弱さ”が顕著なのではないでしょうか。

エンパスの空気を読める能力は、ある種の、危機察知能力でもあります。”このままここに居ては、自分が壊れてしまうかもしれない” ”もうそろそろ潮時”空気を読む人は、未来も読める人です。これらの察知を無視し続けて、目の前の人を優先してしまうと、強制終了の流れになる場合が多いですから、自分自身の危機を察知したり、自分の本音が立ち上がってきた時は、自分自身をしっかり保護し、自分の未来のために、前に進む勇気、本当の気持ちを言える勇気を持つタイミングです。

根本から言えば、自分が壊れてしまいそうになる程、周りに合わせてしまう人は、身体を壊したり、心を痛めたり、思考を混乱したり、何かしらのバグ症状が出てくると思います。それは内側から鳴り響くサイレンのように。


エンパシーが高い人は、聖なる存在の愛への受信力が、とても高いと思います。そのアンテナは、他人の気持ちを察知するためにあったのではなく、聖なる存在やスピリットガイド、大天使、マスター、女神たちと交流をするためにあるのです。


関連記事

  1. エンパスとは?

  2. 自己犠牲のパターンは脱却できる。

  3. 心と心の交流

  4. エンパスのパワー充電

  5. エンパスさんが、自分を整える5つの方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: Content is protected !!