エンパスのパワー充電

場の空気が読める方や人の顔色を伺ってしまう方は、気疲れしやすいですね。外でめいいっぱいエネルギーを消耗してくるせいか、帰ってきてから何もできない!という方がとても多いと思うのです。そういったパターンがあると、いつも時間に追われていて、自分の為の時間が足りなくなる。心のどこかで、そんな自分と向き合うことを避けている傾向もあるのかもしれません。

誰かを喜ばせなくてもいい。

『誰かを喜ばせる為に、誰かに求められていると思えることを、率先して、誰かのためにやる』
『誰かに褒められる為に、誰かが褒めてくれると思えることを、率先して、誰かのためにやる』

自分の存在や価値、能力を証明するために、無意識化で誰かのために、率先して行動するパターンはもう十分学びを得たと思うのですね。そういった行動がどれだけ自分を消耗させるか・・・。そして積もり積もった無理は、やがて自分の身体に溜まっていきます。いつか身体がNO!という日が来ることも知っているはずです。
もう、誰かを喜ばせなくても大丈夫です。そういったパターンを卒業しましょう。

誰かの気持ちばかり考えている時は、自分の気持ちを切り離している時

誰かの気持ちばかりを推測し、自分の気持ちを後回しにするのは、自分の中にある恐怖や不安を見なくて済む為に、ある種の回避行動です。本当は、自分がどうしたいのか自分の気持ちをいち早く読み取り、自分のために、自分を優先させる行為を、率先して行えるよう意識するだけで、自分のエネルギー漏れを改善することができます。そうすれば、自分の為に行動をする過程で、根底にある恐れや不安にも気がつくことができます。

自分の現実化の為にパワーを循環させるには、自分の本音を後回しにしないことが大切です。常に、自分はどう思うか、自分はどう考えるか、どうしたいのか、自分から離れないようにしましょう。

『自分の喜びのために、自分がやりたいこと、自分が喜んでできることを、やりたいように、やってみる』
誰がなんと言おうと、それは誰かの意見に過ぎません。自分がやりたいことを、まずはやってみよう!

関連記事

  1. 自己犠牲のパターンは脱却できる。

  2. 心と心の交流

  3. エンパスとは?

  4. エンパスさんが、自分を整える5つの方法

  5. 空気は読めるからこそ、察知能力は高い。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: Content is protected !!