トラウマと小惑星キロン

 

小惑星キロン・・天王星と土星の間にある天体。その人の傷ついた苦手な要素を表すが、積極的に克服した時、新しい活力が芽生えるとされる
(完全マスター西洋占星術 松村潔 著)

キロンは、心の傷、とか、トラウマを表しています。1977年に発見された小惑星で天王星と土星の間を楕円形に回っているそうです。土星リターン(29歳頃)があるように、キロンリターンと呼ばれるものもあります。公転周期が49年なので、49歳〜50歳前後だそう。

惑星コンサルが始まり、今、まさにキロンも火星も逆行中なので、キロン(トラウマ)に関わることを見つめている方がとても多いと思うのですね。トラウマというのは自覚しているものと、自覚すらしていない(記憶から意図的に消え去った、記憶がない、闇に葬った等)ものがあると思うのです。

人はその時のショック、痛み、ストレス、苦しみから耐える為、様々な方法で感情を抑圧したり、記憶から消したり、解離させたりして、自分を守っています。それがその時は最善だったと思うのですね、守っていいと思う。でもやがて、身体に何かしらの症状が現れたり、現実面で直面した何かを越える時に、失われていた自分のある部分を取り戻すことが、有効であることも、私は目の当たりにしてきました。そして、実は、抑圧された自分の意識こそが統合されるを待っています。止まったままの時間を自分の為に、取り戻すことができたならば、そこには魂レベルの情報、気づきが必ずあると私は思っています。

関連記事

  1. 幼少期の自分を見つめて、自分で癒してみよう

  2. 創造者で在るあなたが、何故のそのパターン(痛み)を繰り返してしまうのか…

  3. 心と身体を切り離すことはできない

  4. 分離感が加速した時の対処法(呼吸と一つになる)

  5. 自分に寄り添う(セルフヒーリング)

  6. 気づきは、愛 (観察力を高めよう)

  7. 自己信頼・内なるナビゲーション。(幼少期の禁止令を解き放とう!)

  8. 心の痛み、傷が引き起こす影響

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: Content is protected !!